米津 玄 師 嵐 カイト。 嵐、7・29米津玄師提供曲「カイト」発売 昨年の紅白で初披露から7ヶ月越し

米津玄師が嵐に提供した「カイト」の歌詞の意味考察してみた!ここがスゴイ!ポイント解説

米津 玄 師 嵐 カイト

このエピソードだけでも 「幼き頃から見てきた嵐を心に残したい」という想いが垣間見え、温かさに感極まってしまいますね。 風が吹けば 歌が流れる 口ずさもう 彼方へ向けて 君の夢よ 叶えと願う 溢れ出す ラル ラリ ラ ラル ラリ ラ ラル ラリ ラ 引用:米津玄師と嵐コラボ曲「カイト」歌詞より ラル ラリ ラが2回続いて終わっています。 音が上がるにつれ、一気に大空舞い上がる様が、国立競技場も凌駕する膨らみをもたせてくれます。 風が吹けば の部分は、自分ではコントロールできない現象です。 スポンサーリンク 楽曲の基本情報 今回紹介していく「カイト」は、米津玄師が作詞作曲を、嵐が歌唱を担当する豪華すぎるコラボ楽曲。

次の

カイト (嵐の曲)

米津 玄 師 嵐 カイト

カイト 作詞・作曲:米津玄師 編曲:米津玄師、• とそれぞれコメントしています。 簡単にまとめると、 この曲は先程も書いた様に、 誰かの想いが 巡りめぐって 繋がっていく、 影響し合っていく という歌詞の意味合いです。 でも家族、友、大切な人がいるから、その存在が挑戦を後押しします。 母は言った「泣かないで」と 父は言った「逃げていい」と その度にやまない夢と 空の青さを知っていく ここで綴られるのは 両親ひいては家族の温かさ になるのですが、この「支え」があったからこそ少年は夢を抱くことができ、なおかつ希望を持つことができたというメッセージが隠れているのではないかと筆者は解釈しています。 タイトル未定B• あとがき 正直、筆者自身、昔メジャーデビューした アーティストの作詞を担当した事もあり、 色んな曲を聴いたり、見たりする時に、 もう癖のようなもので、必ず作詞の 構造なんかは集中して見てしまうんです。

次の

米津玄師が嵐に提供した「カイト」の歌詞の意味考察してみた!ここがスゴイ!ポイント解説

米津 玄 師 嵐 カイト

カイト(オリジナル・カラオケ)• 歌詞をなぞるだけでも壮大なのに、解説者さんの言われる深い意味もあります。 黄色でマーカーを引いています。 「小節」、「歌全体」、「パプリカ、カイト、パプリカ(個人的には、最初Foorin、最後米津さんのパプリカ三曲の循環と考えています)」と、強い想いをとばすループが幾重にも広がります。 漠然と夢をカイトに投影させた少年。 (深々とお辞儀) この米津玄師さんのコメントが とても重要なポイントになってきます。

次の

【嵐×米津玄師/カイト】歌詞の意味を徹底解釈!「らるらりら」の意味と感動的な物語に迫る。

米津 玄 師 嵐 カイト

。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。 また今回米津さんとコラボレーションさせていただいたこと、大変光栄に思っています。 「夢」• この部分のラル ラ リラはその人達の熱い声援も表してるのではないかしら。 また、 らるらりらについて。 解釈は様々と思いますが、解説者さんの洞察と、米津さんの曲はそこまでイメージさせてくれました。

次の

嵐、7・29米津玄師提供曲「カイト」発売 昨年の紅白で初披露から7ヶ月越し

米津 玄 師 嵐 カイト

少年時代の米津さんが、駆け回り高く高くカイトを上げる様子が見えた気がしました。 概要 [ ] シングルCDとしては、前作「」から約10ヶ月振りのシングル。 これ、主人公が一番星になったという意味合いです うん、天才だね! 天才過ぎて意味わからないねw 恐いね! ぴえん……。 嵐は第70回NHK紅白歌合戦でこの曲を初披露。 披露前には、楽曲のレコーディング風景や対談の模様、米津の楽曲への想いがVTRで放送された。

次の

カイト (嵐の曲)

米津 玄 師 嵐 カイト

・最高のアイドル「嵐」 ・最強のアーティスト「米津玄師」 期待感高まる「カイト」について。 米津玄師が提供する2020年ソングと言えば、2018年8月15日にリリースされたFoorinが歌う 「パプリカ」のイメージが強いのですが、パプリカは 2020応援ソングとして 「2020年とその先の未来に向かって頑張っている人を応援する」という意が込められていました。 米津玄師が作詞・作曲。 だからこそ少年は、カイトに想いを馳せているのでしょう。 このカイトという曲を作るにあたって、 色んな事を考えましたが、 そのうちの大きな1つは、 今の自分は誰かに活かされてきたと、 いう事でした。 自分の回りに居る人間や 遠くで影響を与えてくださった沢山の方々、 その全てにちょっとずつちょっとずつ許されながら 「お前はここで生きててもいいんだ」と そういう風に許されながら、 生きてきたのが自分が自分だと思っていて そういう事を考えていました。 これが本来の意味であり、ここから派生して 飛行機、鳥のトビ、強欲な人 トビのように などの意味も言い伝えられています。

次の

米津玄師が嵐に提供した「カイト」の歌詞の意味考察してみた!ここがスゴイ!ポイント解説

米津 玄 師 嵐 カイト

もう一度サビを載せてみます。 自力で星の近くまで飛ばせるものがカイトだった。 まずはタイトルから。 後から解説しますが、 歌詞を見るとループ構造になっていて、 とても考えられており、驚きました。 大空は自由や未来、広大さを象徴する頭上はるかに高く広がる空間であるため、 アスリートの未来や無限の可能性を願うNHK2020ソングとしては、相応しい意味を持つのではないでしょうか。 毎度の事ですが、才能が恐ろしいです笑。

次の

カイト (嵐の曲)

米津 玄 師 嵐 カイト

NHK2020ソング「カイト」 作詞・作曲 米津玄師 歌唱 嵐 コメント 相葉雅紀氏(嵐) この度、僕たち嵐がNHK2020ソングを歌わせていただく事になりました。 同じ時代に生まれて大変光栄です。 また、歌詞中の「嵐」「繋がった先に帰ろう」なんて、嵐ファンにとってもたまらないのではないでしょうか。 みかん カイトの美しさに圧倒されています。 そして東京2020オリンピック・パラリンピックが開催される 2020年のNHKソングとして起用される音楽になっています。 どうか広く行き届きますように。 希望的な与え が込められたメッセージであると大雑把ではありますが、解釈をすることができます。

次の