しき もり さん。 #しきもり #森鴎外(文豪とアルケミスト) 真名の言霊

#しきもり 時鳥の行水

しき もり さん

とっても可愛くて、優しくて、和泉くんといるときは、いつも嬉しそう。 「あ、ふいまへん・・・・・・で、何でした森さん」 「・・・その、俺に対する呼び名のことなんだが」 「へ?何か変ですか?・・・あ、あれですか、もっと甘い感じで呼んで欲しいとかそういう?」 い、いきなり何を言い出すんだ。 「・・・正岡殿」 「ほゎ?なんでふはもいはん」 横から牛飯を頬張りながらもごもご言う返事が聞こえた。 良かった」 水音に掻き消されそうな声でそう呟く。 この次顔を合わせたらいったい何から話したものか。 序でにいい加減身体を洗え」 「ええっ、嫌ですよ!もうこれだけ水かぶってるから洗わなくても良いじゃないですか」 「水をかぶって冷えているからいけないと云っているんだ。

次の

式町水晶(しきまちみずき)脳性麻痺のバイオリニストがハートネットに

しき もり さん

番組で流れた 「Olivia Ruiz」をどうぞ。 これは死ネタです。 昔から憧れてましたから。 ************************* 正岡が引き摺られるようにしてやってきたのは、医務室の並びにあるシャワー室だった。 ある日、ふとメールをひらく。

次の

麺ゃ しき

しき もり さん

とっても可愛い女の子。 また、この時期、足腰を鍛えるために週に1度空手の道場にも通ていたそうで、その時期の表情は、子供ながらに今とは比べ物にならないほど厳しい表情をしています。 医務室の様子を見てこなければ。 じぇなな• また2017年とのライブ・コンサート情報についても探ってみました。 「食べるか喋るかどちらかにしたらどうだ・・・何を言っているのかさっぱりわからん」 まあ、がっついているときに話しかけた俺も悪いな。 狡くないですか?」 気恥ずかしくて今更呼び方を変えられないなんて死んでも言えるか。

次の

「7day!!!」しきもりのブログ | ( ゚ω゚ )

しき もり さん

そう思い直した俺は飲んでいた茶を隣の男に差し出す。 昔はそんな呼び方していなかっただろう?ずっと気になっていたんだ」 「あー、確かに昔は『鴎外先生』とか呼んでましたっけ?余り覚えて無いんですけれど・・・ これでも森さんがここに来たときに『医師としての俺は森林太郎と呼んでくれ』 とか言ってたって聞いたから、どう呼んだものか悩んだりしたんですよ? 俺そんなこと言われたことなかったし」 なんだ、俺に気を使っていただけなのか? そう思った瞬間、目の前の男は俺の前に向き直る。 脳性麻痺のバイオリニスト 式町水晶(しきまちみずき)さんが1月16日のハートネットの主人公です。 けど、もう貴方はいない。 いろいろお知り合いさんと ニアミスしてましたが、さすがにこの台数ですともうわからないので事後報告... 「森さん」 一寸待て、どうしてこんなに耳元から声が聞こえる。 「俺は医師としてとか小説家としてとかそう云う肩書きはどっちでもいいんです。 式町水晶(しきまちみずき)プロフィール• そして、ついに始まる文化祭! 仲間と作る、最高に楽しいひととき。

次の

#しきもり 時鳥の行水

しき もり さん

学歴:都立山吹高等学校通信科卒業 もともと未熟な状態で生まれた 式町水晶(しきまちみずき)さんが、脳性麻痺と診断されたのは3歳の時。 行くぞ」 「え、ちょっと、何処行くんですか」 背筋がぞくっとしたのは寒さの所為だけではあるまい。 「だからもう少し場所を弁えろと・・・」 「嫌です。 つくづく俺は不器用だと我ながら可笑しくなる。 「もう少し場所を弁えた物言いを考えてくれ・・・」 「先にこの話振ってきたのは森さんじゃないですか。

次の

式町水晶(しきまちみずき)脳性麻痺のバイオリニストがハートネットに

しき もり さん

不幸体質な和泉くんの彼女は、同じ高校の同級生・式守さん。 昔「バク天」に出てて、可愛くて印象に残ってます。 「・・・と思いましたけど、今日はこいつで勘弁しておきます。 あれもあの男なりの優しさなのだろう。 変な事を聞いたな」 「え、待ってくださいよ、俺精一杯の愛の告白してるんですけど?! それに対する返答は無いんですか?」 しまった。 ところが、新キャラクターの登場で波乱が? そんな時、イケメン彼女が大活躍! ドキドキ&胸キュンMAXラブコメ!! そんな愛情全開の彼女は、不幸体質で大人しい和泉くんの行動をいつもチェック。

次の

式町水晶(しきまちみずき)脳性麻痺のバイオリニストがハートネットに

しき もり さん

そうだ、だから俺は・・・ 「済まなかった。 バイオリニストの式町水晶くんは子供の頃『爆笑問題のバク天!』でHGが子供の好き嫌いを直すクッキング企画に出てたよね。 そろそろ第一会派が帰還してくる頃か。 なんだか懐かしさを覚える、身近な人にやさしくしたくなる、大切な人に会いたくなる、そんな物語です。 すると、ななもりさんからメールがきてた。 平日更新とは何事か! とおもいますが。 「・・・ほととぎす、か」 血を吐くまで鳴き続けられたら今度こそ俺が耐えられないな。

次の

麺ゃ しき

しき もり さん

熱く無ければ良いのだろう」 「どうしてそんな事知ってるんですか!」 「正岡殿の随筆は読んでいたからな」 「それは嬉しいけれど嫌です!!」 結果。 今日は逃がしません」 背中から回された腕の力が強くてとても逃げられそうに無い。 振り切るように目一杯温水を浴びるが、どうにも治まりそうにない。 濡れ鼠がもう一匹。 いつも何かしら理由をつけては逃げられてますから。

次の