西田 敏行 コロナ。 西田敏行「俳優の危機」発言が批判される理由は?俳優業だけ特別視?

西田敏行、内閣府へ宛てた“要望書”に「身勝手すぎる!」猛批判(2020年3月23日)|BIGLOBEニュース

西田 敏行 コロナ

元々個人事業主の俳優なんてそんなもの いまさら何を政府に助けを求めてるのか 俳優だけではなく、今は全ての一般企業も自粛自粛で大変な時なんだから俳優だけが特別みたいに言ってるのは大間違い そういう状況が嫌なら俳優やめて普通に働けばいい昔から芸能人なんか不安定職業の代表だろ 何を今更って感じ• 4月の収入については「無収入」が27. 臨時休校の影響で仕事を休んだ場合に支払われるというこの助成金だが、企業に雇われた保護者の場合は1日8330円なのに対し、フリーランスの場合は1日4100円となっている。 「予定していた公演が次々に中止になって、これがいつまで続くのか……そう思うと本当に怖いです。 日本俳優連合の理事長を務める西田敏行が、内閣府と厚生労働省へ「新型コロナウィルス感染防止措置に伴う公演などの中止に伴う声明 及び働き手支援についての緊急要請」という要望書を提出したのだが、これに対してネット上では厳しい意見が殺到している。 日本の芸能界でも、映画やドラマの撮影中止やイベントの中止など多大な影響が出ている。 要望書にあるように、このまま改善がされないと、生活にも困っていくだろうということが目に見えていますので、『日本音楽家ユニオン』など、ほかの団体とも連携しながら、今回要望書を提出させていただきました。

次の

西田敏行 訴えに世間の声は厳しく…俳優危機の憂いに賛否と評価!

西田 敏行 コロナ

そのなかで西田さんに激励のメッセージをいただけないかとお願いしたら、すぐに直筆でメッセージを書いてくださった。 しかし出演者へのキャンセル料等の話し合いには到底至らないケースが多く、生活に困窮する事態が見えています。 政府が発表した緊急対策には、コロナウイルスについての助成金が盛り込まれている。 gif 西田が理事長を務める日本俳優連合は、テレビ局などの制作側と対等な出演契約を結ぶことが難しい 俳優の権利を守る団体として1963年に発足。 これについて西田の要望書は、 《どうか雇用・非雇用の別のないご対応で、文化と芸能界を支える俳優へご配慮下さいますよう要望いたします》 という言葉で締められていた。 要望書にあるように、このまま改善がされないと、生活にも困っていくだろうということが目に見えていますので、 『日本音楽家ユニオン』など、ほかの団体とも連携しながら、今回要望書を提出させていただきました。 狭い空間に観客が集まって、舞台上で演じられる世界に没頭する・・・感染症対策を考えると規制せざるを得ない現状も理解できます。

次の

西田敏行 訴えに世間の声は厳しく…俳優危機の憂いに賛否と評価!

西田 敏行 コロナ

当時、松竹労働組合の中央書記長だった梯(かけはし)俊明さんはこう振り返る。 「大船撮影所の売却問題が起こったときは、『釣り日誌11』の撮影中でした。 「自己責任だから」と厳しいことを言われる気持ちもわかります。 俳優はそのほとんどがフリーランスの立場である。 要望書のなかで西田は、 《私たちは今般の政府のご意向に添い、不特定多数の人々が集まるイベントなどの開催自粛を受けて、俳優は、映画・演劇・イベントなどの主催者の指示に従い、中止(キャンセル)を受け入れております》 《しかし出演者へのキャンセル料等の話し合いには到底至らないケースが多く、生活に困窮する事態が見えています》 《私たちにとっては仕事と収入の双方が失われ、生きる危機に瀕する事態です》 と、俳優たちの現状について訴えた。 あまり、ネットをやらないわたしでさえ、信じてしまっていましたから。 訴える方向が間違っている 本来なら 俳優の互助組合を作って、非常時における失業保険的なものを自分達で作るべきでは? 吉本のように権力者の腰ぎんちゃく・宣伝係をやってぼろもうけしている企業・かつての山口組舎弟企業・ゲイ風俗の代弁者芸人等、資金力のあるアンダー勢力に支えられている芸能界なんだから、自分のことは自分で守る意識がなくては 食い物にされるだけ ふだんブラック企業の宣伝・集金係に等しい仕事をしているのに 都合が悪くなれば政府支援を求めるなんて 本末転倒 厚かましい 要望するならTV局や広告業界に拠出金を求める方がまだ理にかなっている だって 役者なくして広告できない=商売できない業界なんだから. 劇団も公演がなくなって大変なので、保障してほしいとも言えなくて……。

次の

私たちは「彩りに過ぎず」 西田敏行さんの憂いと決意 [働くってなんですか]:朝日新聞デジタル

西田 敏行 コロナ

— Yahoo! 《私たちは今般の政府のご意向に添い、不特定多数の人々が集まるイベントなどの開催自粛を受けて、俳優は、映画・演劇・イベントなどの主催者の指示に従い、中止(キャンセル)を受け入れております》 《しかし出演者へのキャンセル料等の話し合いには到底至らないケースが多く、生活に困窮する事態が見えています》 《私たちにとっては仕事と収入の双方が失われ、生きる危機に瀕する事態です》 週刊女性PRIMEより 実際に固定給がない俳優がほとんどなのは現状でしょう。 劇団も公演がなくなって大変なので、保障してほしいとも言えなくて……。 『しかし出演者へのキャンセル料等の話し合いには到底至らないケースが多く、生活に困窮する事態が見えています』と俳優たちの窮状を訴えたのです」(芸能ライター) 続けて西田は、「加えて俳優のほとんどは個人事業主、雇用類似就労者であるため、『学校の臨時休校に伴う雇用調整助成制度の拡充補完対策』及び『事業者を対象とする資金繰り支援の貸付』の対象になりません」と政府が掲げる支援対策を受けられないことを嘆き、「雇用・非雇用の別のないご対応で、文化と芸能界を支える俳優へご配慮下さいますよう要望いたします」と締めくくった。 サラリーマンで毎月真面目に税金を払っている人には、それくらいの恩恵があっても良いのでは。 「先日、俳優で劇作家の野田秀樹が『公演中止で本当に良いのか』との意見書の中で、『演劇は観客がいて初めて成り立つ芸術です。

次の

【新型コロナウイルス】西田敏行が内閣府などへ要望書 身勝手過ぎると批判殺到|ニフティニュース

西田 敏行 コロナ

ニュース — ああると alzasu 西田敏行が俳優の危機を訴えてるけど、正直サラリーマンだってコロナで仕事減って危機だから。 よほどの契約なら話は別ですが、突発的な中止には支払うよう求めていても、『紳士協定』で出ないことが多いですね」 J-CASTニュースより フリーランスの個人事業主の事情に詳しく、自身も女優として働く関係者はこう明かしています。 劇団も公演がなくなって大変なので、保障してほしいとも言えなくて……。 舞台俳優は1つの公演がなくなって、アテにしていたギャラがなくなってしまうと、本当に生活ができなくなってしまうという人も多いので……。 東京都新宿区西新宿6-12-30芸能花伝舎3階 協同組合日本俳優連合 理事長 西田敏行 新型コロナウイルス感染症対策での日ごろのご尽力に敬意を表します。

次の

新型コロナで西田敏行が政府に“俳優の危機”を訴える…みんなの反応は

西田 敏行 コロナ

舞台俳優は1つの公演がなくなって、アテにしていたギャラがなくなってしまうと、本当に生活ができなくなってしまうという人も多いので……。 俳優はそのほとんどがフリーランスの立場である。 この訴えの最後には、 「どうか雇用・非雇用の別のないご対応で、文化と芸能界を支える俳優へご配慮下さいますよう要望いたします」 こう綴られていたそうです。 だからこんな時に備えて、芸能人互助会でも作っておくべきだったんだよ。 たいていの庶民はド派手な生活を夢見るだけで一度でもそんな生活を手に入れたことはないんだよ。 加えて俳優のほとんどは個人事業主、雇用類似就労者であるため、「学校の臨時休校に伴う雇用調整助成制度の拡充補完対策」及び「事業者を対象とする資金繰り支援の貸付」の対象になりません。 日本の芸能界でも、映画やドラマの撮影中止やイベントの中止など多大な影響が出ている。

次の