Ek クロス。 ついにN

新型eKクロス スペース・新型eKスペース スペシャルサイト

ek クロス

先のeKクロス/eKワゴンと同じく、この新型から開発担当は三菱から日産へ移行している。 路面の悪いところではロードノイズが気になったが、これはエコタイヤのせいかもしれない。 eKクロスのハイブリッドシステム また、 ターボエンジン搭載のTグレードともなれば 動向性能は1. マイルドハイブリッドで静粛性に優れていること、ターボは上り坂でも力強く走ること、コーナーリングでも車体が安定していることが理由に挙げられています。 予防安全技術「e-Assist」はeKクロスにも装備されているFCW、踏み間違い衝突防止アシスト、LDW、AHB、LDPに加え、前方衝突予測警報[PFCW]、ふらつき警報[DAA]、検知[TSR]、先行車発進通知[LCDN]の4点を追加。 最前端にセットすれば運転席からも手が届き、例えば、運転席に座ったままで後席に座る子どものケアができる。 乗りだし価格には注意!値引きは必須 いくつかディーラーオプションを付けるとなると、総額で200万円を超えるでしょう。 日常シーンで便利• 基本はekワゴンと同じですが、eKクロスは メーカーオプションにプレミアムインテリアパッケージが設定。

次の

三菱eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 カスタム顔に飽きたなら

ek クロス

足をフロア下に差し入れて引き抜くだけで、スライドドアを自動で開けることができる。 このハンズフリーオートスライドドアは、新型eKクロススペース、eKスペースの「G」「T」グレードの助手席側に標準装備されており、運転席側はメーカーオプション(55,000円(税込み))で装備することができる。 エクステリア 92点• このレバーは、「eKスペース」には全グレードで標準装備されており、「eKクロススペース」では「G」と「T」にメーカーオプションとして設定されているものだ 先代に比べて、後付け感がなくなってすっきりとした印象になった「リアサーキュレーター」 先代に搭載されていた、前席のエアコンの空気を後席へと流すことで車内の空気を循環させてくれる「リアサーキュレーター」は、新型eKクロススペース、eKスペースにも採用されている。 特にeKクロススペースは、スズキ「スペーシアギア」のようなSUVテイストを盛り込んだ軽スーパーハイトワゴンとして、人気モデルとなりそうだ。 フロントフェイス周りで特筆したいのが、ヘッドライトだ。

次の

【試乗インプレ】待望の三菱自動車「ekクロススペース」「ekスペース」試乗。推しはターボ? 自然吸気? /

ek クロス

くわしくは以下で検証しています。 クルマと路面との接点であるタイヤにも興味をもっており、タイヤに関する試乗レポートも得意。 既に実績のあるデザインを取り入れていることが 高評価へとつながっています。 一般道でも意外と積極的にハンドルのアシストをしてくれます このようにマイパイロットは購入者からも 非常に評判の高い先進装備ですのでぜひつけた方が良いかと思います。 日産にとっては初の軽自動車開発となったが、これが逆によかった。

次の

eKクロス(三菱)の中古車

ek クロス

4代目eKワゴンは先代に引き続き、日産自動車が販売するが姉妹車として存在するが、「eKクロス」は三菱自動車の専売車種となっている(逆にデイズハイウェイスター相当のエアログレードは4代目eKには設定されない)。 これにステップ変速の新型CVTを組み合わせる。 性能自体は期待できそうだが、フリクション感みたいなものが残っていてパワーがクリアに感じにくかった。 軽自動車を手がけるのは初めてだというのに、見事な仕事ぶりである。 それを意識して、デザインしているのです」とのことだった。

次の

2020年春発売の新型「eKクロススペース」弱点をすべて払しょくしてクラストップを目指す

ek クロス

デイズは127万3320円〜145万5080円で最大5万1840円eKワゴンが高くなっています。 サイドエアバッグ・カーテンエアバッグなど安全装備がついているので 割高感はありません。 ともすると、バンのように平面になりがちですが、そうならないようにフロントフェンダーの下回りなども含めて、気を使ってデザインしています」と言う。 Bluetooth接続• 安心感に包まれながら運転することができますので、この車を選んで良かったと正直思っています。 ちなみにメタルパーツは日産/三菱ともに共通だという。 普通のフロアマットならもう少しドラミング音が抑えられたかもしれないが、いずれにしろ静粛性はコンパクトカー並みに静かな軽自動車だ。

次の

ついにN

ek クロス

eKクロスには全車に「e-Assist」と名付けられた運転支援システムが標準装備されている。 3列シート• 価格はややネックとなりますが、作りを考えれば決して高くはありません。 たとえば、荷室部分には撥水素材を使い、リアシートを畳んでフラットにすることで自転車を載せたり、アウトドアで子供たちと遊んだ後の汚れ物をそのまま載せたりすることもできます」。 コンパクトカーとがっぷり四つ eKクロスは、「スズキ・ワゴンR」が切り開いたハイトワゴンというジャンルに属する。 SUPER HEIGHT K-WGN CONCEPT リヤ 東京モーターショー2019出展車 年表 [ ] 2019年3月14日 三菱自動車の水島製作所にてオフライン式を実施。

次の

日産デイズと三菱eKワゴン/eKクロスの違いから見える、両者の狙いとは?

ek クロス

電動リアゲート• 4 kgf・m)向上。 さらに、先代でも十分な後席のスライド量は、プラス60㎜の320㎜とライバルを圧倒。 バス 価格帯• さりげないモーターアシストが頼もしい! ターボエンジンはさすがに強力だ。 室内の静粛性ではややドラミング音を感じたが、これはオールウェザータイプのフロアマットが装着されていたからかもしれない。 優しげなノーマルモデルといかついカスタムの2種を用意するのが定番となったが、デザインはどのメーカーも似たり寄ったり。 価格 85点• 登録車のコンパクトカーとがっぷり四つで勝負しなければならない。 TV フルセグ• 概要 [ ] 4代目と同時に市場に投入された「SUVテイストのモデル」である。

次の