お 香典 郵送。 香典は郵送しても良い?送り方やタイミング、マナーについて

お香典を送る郵送する時の正しいマナー〜一緒に添える手紙の例文あり〜

お 香典 郵送

【もくじ】 ・ ・ ・ ・ 香典の基礎知識 香典とは、故人の霊前に供える現金のことです。 手紙や封筒などのデザインについてなのですが、あまり明るい色のものは避けるようにしましょう。 封筒は二重構造のものを使ってはいけません。 代表的な例が結婚式や葬儀です。 書き方、送り方などのマナーもチェックして、失礼のないように香典を送るようにしましょう。

次の

香典を郵送する時のマナー!タイミングや宛名、お悔やみの手紙の文例も

お 香典 郵送

連名での供花とは別に個人でご香典をいただいている場合の香典返しは必要となります。 手紙を送る際の注意点を、以下できっちり押さえておきましょう。 たとえば次のような例が挙げられます。 ・送り先は、斎場ではなく喪主の自宅宛てに郵送する。 大きめのサイズは定型外郵便となりますが、定形郵便は25g以内で82円、定形外郵便は50g以内で120円と、基本料金としてはわずかな差です。 その際、便箋や一筆箋にお悔やみの手紙を書いて添えた方が気持ちが伝わる。 現金書留は日時の指定ができないため、香典が届いたタイミングで遺族の方が斎場へいない場合もあるからです。

次の

お香典を郵送するときのマナー : お葬式なるほどチャンネル

お 香典 郵送

香典は不祝儀袋に入れ、さらにそれを現金書留用封筒に入れて現金書留で送る。 略儀ながら書中にて、心よりご冥福をお祈り申し上げます。 ただし薄墨を使うのは「喪中」と呼ばれる、亡くなった直後から四十九日の間とも言われています。 喪主・喪家にとっては悲しみの中、バタバタしている時期で特に大きな葬儀などの場合、人数も多くなることから一つ一つ連絡することは難しいとは思いますが、送っているのは個人の方々なので、出来れば喪主より電話で届きましたと言うお礼と挨拶はした方が良いでしょう。 「お母様の心中を思うと言葉も見つかりません」など大げさにならない表現があるといいでしょう。

次の

香典の郵送の仕方のマナーと手紙の文例|親戚/友人宛・封筒

お 香典 郵送

お香典を郵送するタイミング、宛名と送り先、同封するお悔やみの手紙の文例などもありますので、参考にしてみてくださいね! お香典を郵送する時の宛名と郵送先は? お香典を郵送する場合、2通りの送り方があります。 出席できないことへのおわび• 香典を郵送する際のマナーについては理解できたと思います。 葬儀に参列できない場合、が、同様に 香典についても郵送することはマナー違反ではありません。 また、現金書留の香典とは別に手紙だけを郵送する方法もありますが、 遺族への分かりやすさを考えると、同封する方が親切とも言えます。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。

次の

香典の郵送方法は?手紙に使う例文は?注意すべきことやお返し不要の場合は?

お 香典 郵送

逆に、1ヵ月をすぎると、香典返しも終えて落ち着いたときなので、迷惑になる可能性があるのでご注意を。 ですので、喪主の方に負担がかからないようにするために、香典は 1週間から、1か月の間に届くようにすると良いとされています。 黒白水引の両端に銀色の水引を使用した7本あわじ結びの水引飾りです。 香典のお返しが不要な場合は? 香典のお返しは必要ない。 」は使いません。 香典は原則的には直接持参するものですが、遠方の方などでどうしても持参することが出来ないという場合には香典を郵送しても問題はありません。

次の

香典を郵送で。手紙の書き方文例は?親戚や友人宛の場合の送り方

お 香典 郵送

葬儀後に訃報を知った場合 御尊父様がご逝去されたこと、昨日知りました。 なお、お悔やみの手紙に「再三」「重ね重ね」など不幸を繰り返すかのような表現、「死ぬ」「生きていた時」など直接的な表現は避けましょう。 ご自身の想いを伝えたい気持ちも分かりますが、簡潔に まとめて1枚にしておくのがベストでしょう。 また、重ね重ね、いよいよ、追って、再び、続くなどの忌み言葉は避けましょう。 その際に使う言葉で注意して頂きたいものがありますので、そちらもまとめておきます。 この段階では既に誰がいくら包んだのかが分かっているので、 1ヶ月を越えてくると遺族に対して負担をかけることになります。 現金書留をより正確に喪主の方に届けるためにも、送り先は喪主の方の自宅にしましょう。

次の