社会 資本 整備 総合 交付 金 交付 要綱。 大阪府/社会資本総合整備計画(都市公園等)

社会資本整備総合交付金(住宅に関するもの)

社会 資本 整備 総合 交付 金 交付 要綱

当市では、自由度の向上と創意工夫を活かすため、平成24年度より、上越市単独による「社会資本総合整備計画」を策定し、現在「社会資本整備総合交付金」及び「防災・安全交付金」を活用した事業を進め、地域が抱える課題解決に取り組んでいます。 掲載日:2019年12月6日 社会資本総合整備計画 社会資本総合整備計画の公表 社会資本整備総合交付金を充てて交付対象事業を実施しようとする地方公共団体は、社会資本総合整備計画を作成し、当該計画を国土交通大臣に提出します。 13 23 道路施設の戦略的維持管理・更新による安心・安 全な生活空間の保持(防災・安全) H26~H30 R2. このページの情報は役に立ちましたか? 役に立った どちらともいえない 役に立たなかった このページの情報は見つけやすかったですか? 見つけやすかった どちらともいえない 見つけにくかった このページに関してのご意見がありましたらご記入ください。 奥州市でこのたび平成27年度から平成31年度まで実施した計画の期間終了に伴い、事後評価を実施しましたのでその結果を公表します。 社会資本総合整備計画 地方公共団体が、社会資本整備総合交付金を活用して事業を実施しようとする場合には、以下の1~7の事項を記載した社会資本総合整備計画を作成し、国土交通大臣に提出するものとしています。 13 『令和元~5年度 整備計画』 【社会資本整備総合交付金】 計画の名称 計画の期間 作成日 (最新版) 整備計画・参考図面 (最新版) 評価 6 地域内・間の交流・連携を支える道路ネットワークの 機能向上・維持による産業・生活基盤の形成 R1~R5 H31~H35 R2. 社会資本総合整備計画 社会資本整備総合交付金交付要綱第10第1項の規定により、計画を公表します。

次の

社会資本総合整備計画の公表

社会 資本 整備 総合 交付 金 交付 要綱

地方公共団体は、活力創出、水の安全・安心、市街地整備、地域住宅支援といった政策目的を実現するため、社会資本総合整備計画を作成し、計画に基づき、事業を実施します。 また,交付期間の終了時には,計画目標の実現状況などについて評価を行い公表する予定です。 (同要綱第10第1項) 『平成26年~30年度 整備計画』 【社会資本整備総合交付金】 計画の名称 計画の期間 作成日 (最新版) 整備計画・参考図面 (最新版) 評価 6 地域内・間の交流・連携を支える道路ネットワークの 機能向上・維持による産業・生活基盤の形成 H26~H30 R2. (社会資本整備総合交付金交付要綱 第8) 社会資本整備総合交付金とは 平成22年度に社会資本整備総合交付金が創設され、施設目的実現のため基幹的な事業のほか、 関連する社会資本整備や基幹的な事業の効果を一層高めるソフト事業を含めた幅広い事業を一体的に実施できるよう、国が地方公共団体に交付するものです。 また、計画期間の終了後には事後評価を行います。 平成22年度~平成26年度 いのちを守るまちづくり(防災・安全)• 公表についての解説• 平成22年度~平成26年度 沼津市公共下水道耐震・長寿命対策事業(防災・安全)• 社会資本総合整備計画 地方公共団体が社会資本整備総合交付金により事業を実施しようとする場合には、社会資本総合整備計画を作成し、国土交通大臣に提出することになっています。 市街地の環境の整備改善、良好な市街地住宅の供給等に資するため、土地の利用の共同化、高度化等に寄与する優良建築物等の整備を行う事業について、国が必要な助成を行う。 (同要綱第10) 社会資本総合整備計画の事前評価の公表 社会資本総合整備計画を国土交通大臣に提出しようとするときは、計画の目標の妥当性等について自主的、主体的に検証を行うとともに、これを公表することとなっています。

次の

(平成27年度~平成31年度)社会資本総合整備計画(道路)事後評価結果の公表について

社会 資本 整備 総合 交付 金 交付 要綱

社会資本整備総合交付金の概要 社会資本整備総合交付金は、地方公共団体等が行う社会資本の整備やその他の取り組みを支援することにより、交通の安全の確保とその円滑化、経済基盤の強化、生活環境の保全や改善を図ることを目的として、平成22年度に創設された交付金です。 13 【防災・安全交付金】 計画の名称 計画の期間 作成日 (最新版) 整備計画・参考図面 (最新版) 評価 14 命と暮らしを守るインフラ整備・補修による安心・安 全な生活空間の確保(防災・安全) R1~R5 H31~H35 R2. 平成21年度~平成25年度 沼津市における「ファイブエントランス」構想の推進• 交付対象事業等の効果の把握及び評価に関する事項• 社会資本整備総合交付金は、地方公共団体等が行う社会資本の整備その他の取組を支援することにより、交通の安全の確保とその円滑化、経済基盤の強化、生活環境の保全、都市環境の改善及び国土の保全と開発並びに住生活の安定の確保及び向上を図ることを目的として、平成22年度に国土交通省により創設された交付金です。 お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。 (社会資本整備総合交付要綱第8) また、計画を作成したときは、これを公表することとなっています。 特定計画は、社会資本整備総合交付金交付要綱第15雑則に限定列挙されており、その計画期間に限り、特定計画の提出を以て社会資本総合整備計画の提出とみなされます。 )を作成することと定められています。 概要 「社会資本整備総合交付金」は、地方公共団体等が行う社会資本の整備やその他の取り組みを支援することにより、交通の安全の確保とその円滑化、経済基盤の強化、生活環境の保全や改善を図ることを目的として、平成22年度に創設された交付金です。

次の

社会資本総合整備計画

社会 資本 整備 総合 交付 金 交付 要綱

(要綱第10の1) 本府では、以下の計画を作成し、国土交通大臣に提出しています。 計画の目標• 社会資本整備総合交付金交付要綱(以下「交付要綱」という。 防災・安全交付金は、地域住民の命と暮らしを守る総合的な老朽化対策や、事前防災。 平成17年度~平成21年度 都市再生整備計画(沼津駅周辺地区)• 社会資本整備総合交付金とは,地方公共団体が,活力創出,水の安全・安心,市街地整備,地域住宅支援といった政策目的を実現するため,社会資本総合整備計画を作成し,計画に基づき,基幹的な社会資本のほか,関連する社会資本やソフト事業を総合的,一体的に整備するための交付金です。 平成23年度~平成26年度 都市再生整備計画(門池北部地区)• (社会資本整備総合交付要綱第10). (社会資本整備総合交付要綱第10) 社会資本総合整備計画の事後評価の公表 交付期間の終了時には、社会資本総合整備計画の目標の実現状況等について評価を行い、これを公表することとなっています。 防災・安全交付金は社会資本総合整備計画に基づく、地域住民の命と暮らしを守る総合的な老朽化対策及び事前防災・減災対策の取組み、地域における総合的な生活空間の安全確保の取組み、効果促進事業の活用による効果的な取組み等、地域の防災・減災、安全を実現する取組みについて、総合的・一体的に支援する制度です。

次の

社会資本総合整備計画

社会 資本 整備 総合 交付 金 交付 要綱

社会資本整備総合交付金は道路、港湾、治水、下水道、海岸、都市公園、市街地整備、住宅及び住環境整備等といった政策目的を実現するため、地方公共団体が作成した社会資本総合整備計画に基づき、目標実現のための基幹的な社会資本整備事業のほか、関連する社会資本整備やソフト事業を総合的・一体的に支援する制度です。 社会資本整備総合交付金 社会資本整備総合交付金は、国土交通省所管の地方公共団体向け個別補助金を原則一つに統合したもので、地方公共団体にとっては自由度が高く、創意工夫を生かせる総合的な交付金として平成22年度に創設された国の制度です。 (瀬戸市)• ・地方公共団体が、社会資本整備総合交付金により事業を実施しようとする場合には、計画を作成し、国土交通大臣に提出することになっています。 〇中部地方での主な実施事例 (岐阜市) 平成24年8月竣工!!• 当市では、自由度の向上と創意工夫を活かすため、奥州市単独による「社会資本総合整備計画」を策定し、現在「社会資本整備総合交付金」及び「防災・安全交付金」を活用した事業を進め、地域が抱える課題解決に取り組んでいます。 平成26年度~平成30年度 広域拠点都市として活発な交流を促す魅力あふれるまちづくり• フォローアップ結果• ) 2019. 地方公共団体が、社会資本整備総合交付金を活用して事業を実施しようとする場合には、以下の1~8の事項を記載した社会資本総合整備計画を作成し、国土交通大臣に提出するものとしております。 平成23年度~平成26年度 都市再生整備計画(東海道原宿地区)• 社会資本総合整備計画 計画期間 事前評価チェックシート 事後評価 平成24年度~平成28年度 平成25年度~平成29年度 平成25年度~平成29年度 平成24年度~平成28年度. 社会資本総合整備計画に係る事後評価 地方公共団体は社会資本総合整備計画の交付期間終了時に計画の目標実現状況等について評価を行い、これを公表するとともに、国土交通大臣に報告することになっています。

次の

大阪府/社会資本総合整備計画(都市公園等)

社会 資本 整備 総合 交付 金 交付 要綱

(交付要綱第8) 社会資本整備総合交付金制度の施行前に国土交通大臣に提出されている計画(特定計画)は、経過措置として、その計画期間に限り社会資本総合整備計画とみなされます。 計画の期間• 2.社会資本総合整備計画について 地方公共団体が、社会資本整備総合交付金を充てて交付対象事業を実施しようとする場合には、社会資本総合 整備計画を作成し、国土交通大臣に提出することとなっています。 都市における土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新とを図る事業について、国が必要な助成を行う。 19 制度要綱及び実施要綱を改正しました。 (社会資本整備総合交付金交付要綱第10の1) 本府では以下の計画について評価を行い、国土交通大臣に提出しています。 社会資本総合整備計画. 社会資本総合整備計画とは 地方公共団体が、社会資本整備総合交付金により事業を実施しようとする場合には、 「整備計画」を作成し国土交通大臣に提出することになっています。

次の

社会資本整備総合交付金について/京都府ホームページ

社会 資本 整備 総合 交付 金 交付 要綱

。 社会資本総合整備計画 計画期間 事前評価チェックシート 平成25年度~平成29年度 平成25年度~平成29年度 平成26年度~平成30年度 平成29年度~令和3年度 平成30年度~令和4年度 平成30年度~令和4年度 直江津港へのアクセス道路整備(交通拠点連携集中支援) (注)新潟県合同計画 平成30年度~令和4年度 事前評価チェックシート 平成31年度~令和5年度 事後評価結果 社会資本総合交付金交付要綱第10第1項の規定により、交付期間が終了した社会資本総合整備計画の事後評価を実施しましたので結果を公表します。 (社会資本整備総合交付金交付要綱第10の1) 社会資本総合整備計画(都市公園等) 大阪府では、以下の計画を作成し、国土交通大臣に提出しています。 沼津市が作成し国土交通大臣に提出した「社会資本総合整備計画」 社会資本総合整備計画の事後評価一覧 計画期間 計画名 計画書 事後評価結果 その他 平成27年度~平成29年度 環境にやさしく、安全・安心を実感できるまち」の実現に向けた汚水処理対策の推進• 平成18年度~平成22年度 都市再生整備計画(門池北部地区)• (社会資本整備総合交付金交付要綱第8) また、計画を作成したときは、公表することとなっています。 なお、「社会資本整備総合交付金」及び「防災・安全交付金」の概要については、国土交通省ホームページをご覧下さい。 概 要 ・社会資本整備総合交付金は、活力創出、水の安全・安心、市街地整備、地域住宅支援といった政策目的を実現するため、計画に基づき、基幹的な社会資本整備事業のほか、関連する社会資本整備やソフト事業を総合的・一体的に実施できるよう、国が地方公共団体に交付するものです。 )第8第1項では、社会資本整備総合交付金を充てて交付対象事業を実施しようとする地方公共団体等は、社会資本総合整備計画(以下「整備計画」という。

次の

社会資本総合整備計画とは

社会 資本 整備 総合 交付 金 交付 要綱

計画の期間における交付対象事業の全体事業費• ) 社会資本総合整備計画 地方公共団体が、社会資本整備総合交付金により事業を実施しようとする場合には、基幹事業の政策分野ごとに「社会資本総合整備計画」を作成し、国土交通大臣に提出することになっています。 補助制度の有無や補助額等の詳細は、お住まいの市町村までお問い合わせください。 (交付要綱第6、8) 計画に記載する事項• 1.社会資本整備総合交付金、防災・安全交付金とは 社会資本整備総合交付金は、国土交通省所管の地方公共団体向け個別補助金を一つの交付金に原則一括し、 地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を生かせる総合的な交付金として平成22年度に創設されました。 計画の目標を達成するために必要な交付対象事業• (交付要綱第15) 沼津市では下記の整備計画に加え、静岡県および県内の他市町と合同の社会資本総合整備計画を策定し、各種事業を進めています。 平成22年度~平成27年度 静岡県沼津市における安全・安心で快適な住環境の確保(地域住宅計画)• フォローアップ結果• 実施状況 事業一覧 位置図 事業採択基準 R1 ・ ・. | | | | | | 社会資本整備総合交付金は、国土交通省所管の地方公共団体向け個別補助金を一つの交付金に原則一括し、 地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を生かせる総合的な交付金として創設されました。 砂防事業、急傾斜地事業、海岸事業及び港湾事業について整備計画を作成しましたので、交付要綱第10第1項に基づき、整備計画及び整備計画の評価について公表します。

次の