スマート シティ モデル 事業。 スマートシティ国内事例10選【2020年最新版】

総務省|政府による令和2年度のスマートシティ関連事業

スマート シティ モデル 事業

民間からは建設や電気・ガス・水道・通信、金融やサービス業などあらゆる業種の企業が参画している。 IDE(Integrated Data Exchange):各種データを統合してさまざまな問題を解決するためのオープンなプラットフォーム• すでに中国ではニューリテール現象が現実のものとなっており、新型スーパーマーケット、無人店舗、デジタルコンビニ等が登場している。 0とは、1. そのひとつが、「技術起点」から「くらし起点」へ。 国土交通省は4月24日、スマートシティの先行モデルプロジェクトに選定した15事業のスマートシティ実現に向けた実行計画が策定されたと発表した。 mlit. 西日本豪雨災害などを受け、地域における公共交通基盤の維持と防災機能の強化などを進める• 「DataSF」のオープンデータ発信により、市民生活の質の向上、サービス提供の効率化、正しい判断、新規ビジネスの創出といった好循環が生まれることが期待されている。 新住宅市街地開発事業 3. ・Smart Living(スマートリビング・生活) ・Smart Energy(スマートエネルギー・環境) ・Smart Economy(スマートエコノミー・経済活動) ・Smart Learning(スマートラーニング・教育) ・Smart Mobility(スマートモビリティ・交通) ・Smart Governance(スマートガバナンス・行政) このフレームワークについては、をメインとし、わかりやすいように表現を一部アレンジした。 スマートシティは、「私たちヒトの暮らしが、環境に配慮しながらもっと良くなるには?」を中心に考えると想像しやすいだろう。

次の

スマートシティ(Smart City) とは

スマート シティ モデル 事業

アリババ は2016年にアリババが発表したリテールの新しいコンセプトだ。 Fujisawa SSTは、100年ビジョンを掲げ、サスティナブルでスマートなくらしが生まれ続けるための革新的な取り組みを行っています。 【6】香川県高松市「スマートシティたかまつ」 香川県高松市では、産学民官の多様な主体との連携を通じ、ICTを使った地域課題の解決と地域経済の活性化を図ることを目的にを推進している。 ・補助金申請システム(Jグランツ)を開発しました(令和元年12月24日経済産業省発表) 3 採択候補先の選定. 今後は、呉駅周辺地域総合開発の一環として、次世代モビリティ(BRT・自動運転等)やMaaSなどの新しい技術を取り入れた次世代型の総合交通拠点として再整備するなど、スマートシティの実現を目指していきます。 (出典:) エネルギーの最適化によるサスティナブルなスマートシティ 「横浜スマートシティプロジェクト」は、この実証実験で培ったノウハウを生かし、防災性、環境性、経済性に優れたエネルギー循環都市の実現を目指している。

次の

スマートシティの先行モデルプロジェクト15事業 実行計画を策定

スマート シティ モデル 事業

生産性と技術開発 6. 人々が生活するリアルな環境での実証都市 このプロジェクトは、新しい技術を導入・検証できる実証都市を、人々が生活を送るリアルな環境のもとで作る。 スマートシティ推進パートナーでは、今回の提案のうち一定のレベルと意欲が確認できたコンソーシアムについて、ともにスマートシティの進化を目指すこととし、今後、内閣府、総務省と共同で立ち上げを検討している官民連携のプラットフォームにも参画、関係府省で連携して支援を行う。 つくば市の「スマートシティ「つくばモデル」実行計画」では、高齢者の交通移動弱者の社会参画を促すため、自家用車に依存することなく、安心・安全・快適に移動できるモビリティを提供することで外出しやすいまちを目指す計画を策定した。 プロジェクトには、Googleの持株会社Alphabetが所有するが参画しており、ありとあらゆる場所、ヒト・モノの動きをセンサで把握し、ビッグデータを活用した街づくりを目指すとしているが、収集したデータの利活用やプライバシー問題などをめぐり議論が繰り広げられている。 Society5. 従来の街灯の補完的なサービスとしてスマート街灯を導入 文化・コミュニティ• 公開された行政オープンデータの分析事例としては、乳幼児栄養プログラム、文化財保護、地価評価といった市の行政活動状況といった例が紹介されている。 建設業者の構成 2. 各種センサから収集されるデータを分析し、交通渋滞の予測・改善、交通規制への活用、排気ガスの削減、市民の安全確保等を実現する。 急速な都市化が進むなか、都市部のエネルギー使用の効率化は急務であり、スマートシティはその解決策として期待を集めている。

次の

本格始動、スマートシティ構築 先行モデル事業が実証段階へ

スマート シティ モデル 事業

建設コスト 4. 建設労働 5. 自動運転カーが広まれば、今まで渋滞でイライラしていた車中の時間を活用し、仮眠を取ったり仕事を進めたりすることができる。 いわゆるIoTの進化で、これまで別々に機能していた基礎インフラや生活インフラ・サービスが、 センシング技術、通信技術、情報技術、アプリケーション技術の連携によって、スマートシティとして動き出しているのである。 既述のように現代の都市が抱える課題解決としてスマートシティが進んでいるが、構想としてはガラケーと呼ばれる携帯電話が普及しはじめた1990年ごろからあるものであった。 Manchester Corridorの主要道路を自転車・バス専用道路化。 21年に貨客混載の実証に着手し、25年からは広島県内16市町の過疎地域に各サービスを横展開する計画だ。

次の

【呉駅周辺地域総合開発】スマートシティモデル事業の重点事業化促進プロジェクトに選定

スマート シティ モデル 事業

土地区画整理事業 2. メールマガジン登録 最新サービスや事例のご紹介、イベント案内、最前線の情報など、役立つ情報を配信中。 日本では人口減少傾向だが、東日本大震災がきっかけでエネルギー供給の考え方が大きく変わってきている。 地域内のすべての需要家に、スマートメータと呼ばれる次世代の電力メータを設置、需給状況に応じて電力料金を変動させるダイナミックプライシングを実現した。 本事業の実施に当たっては、条件不利地域において地域住民の生活の維持・向上に必要なサービスを提供するための5G・IoT・AIなど先端的な情報通信技術の導入に要する経費に0. 高齢者単身世帯数は男女ともに増加。 新都市基盤整備事業 6. カテゴリー 白書・意見書・刊行物 対象者 一般,自動車業界.。 2002年から始まったこの制度は、国民やエストニアへの移住者に対して、国民IDをの形で発行するというもので、現在、エストニア人の98%がこのeIDカードを所有している。 データのマッピング化:各地域のエネルギー使用量や都市インフラの状況など、さまざまな情報がオープンデータ地図上で公開。

次の

本格始動、スマートシティ構築 先行モデル事業が実証段階へ

スマート シティ モデル 事業

「Sidewalk Toronto」は、住民の行動データをはじめとするさまざまなデータを収集し、それらのデータをもとに住民や環境にとってよりよい暮らしをつくり上げていくことを目標とする。 《レスポンス編集部》. バイオメトリックセンサネットワークにより、呼吸器疾患患者の健康を向上• スマートシティ推進体制の決定 スマートシティ推進における基本方針や各府省の連携体制を決定し、内閣府、文部科学省、経済産業省、国土交通省などを中心として事業が進められている。 以下の5事業について、本年4月初旬〜中旬頃に、各府省において公募が行われる予定です。 新しい概念であるスマートシティの定義はまだ定まり切ってはいないものの「各種データやICT技術」を用いた「持続可能なこれからの都市のあり方」という意味を共通して含んでいると言える。 センサから収集された情報等を国民に広く活用してもらうため、ポータルサイト等で情報を公開 デジタル決済の普及• 先行モデルプロジェクト、重点事業化促進プロジェクトの2つのプロジェクトを含め、今回の提案のうち一定のレベルと意欲が確認できたコンソーシアムについては、「スマートシティ推進パートナー」としてともにスマートシティの進化を目指すこととし、関係府省で連携して支援していくとしている。

次の

国土交通省スマートシティモデル事業に選定されました!!

スマート シティ モデル 事業

まとめ 本記事では、海外におけるスマートシティの事例を紹介した。 官民が連携しながら、これからの都市のあり方を実現しようとする動きがさまざまな地域で見られる。 国土交通省は、5月31日、新技術や官民データを活用しつつ都市・地域課題を解決するスマートシティモデル事業の公募を実施し、73のコンソーシアムから提案を受け、有識者の意見を聞き、事業の熟度が高く全国の牽引役となる先駆的な取組を行う「先行モデルプロジェクト」を15事業、国が重点的に支援を実施することで事業の熟度を高め、早期の事業化を促進していく「重点事業化促進プロジェクト」を23事業、選定した。 外国人も国外から電子政府システムを使用可能 e-Business Register• 工業団地造成事業 4. 2015年にシカゴで始まった「Array of Things」は、科学者、大学、地方自治体、市民の協力により、都市環境、インフラ、都市活動についてのリアルタイムデータを、研究と公共利用のために収集する、ネットワーク化されたセンサ群活用の試みだ。 ドバイ警察はこれを2020年までに100台導入する計画を掲げている。 三次市の「中山間地・自立モデル検討事業実行計画」は、自家用旅客運送サービスを軸としたシームレスな乗り継ぎサービス、貨客混載輸送サービス、地域内移動や住民交流の活性化に資する取組などを展開することで、持続可能な中山間地型のスマートコミュニティモデルの構築を目指す。 スマートシティはこれらの課題をまとめて解決できると期待されているため、注目を浴びているというわけだ。

次の