フレデリック マル。 フレデリック・マル

フレデリック マル 公式 オンラインサイト

フレデリック マル

Frederic Malle氏のおじい様は、あのパルファン・クリスチャン・ディオールの創業者!パルファン クリスチャン ディオールといえば、大ヒット作「ミス ディオール」や「プワゾン」で有名です。 という驚くべき手法で、 高品質で芸術性の高い香水を発表してきました。 使用した商品• マルとロピオンの18ヶ月にも及ぶ作業が終わった瞬間だった。 濃厚で持続時間が長い「CARNAL FLOWER(カーナル フラワー)」。 購入品 購入場所 効果 - 関連ワード アイリスの香りといえばエルメスのイリスが有名ですが、 こちらを嗅げば上質を感じられます。 世界でもトップクラスの調香師12人が、制限を受けずに愛と創造力のすべてを注いで完成させた香りはまさに洗練の極みといえます。 すかさず男性スタッフは本店に在庫確認の電話をかけてくれ、「マダム、本店になら在庫がありますよ!私は今からちょうど外出するので、本店までご案内しましょうか?」と、とても親切に接してくれたんです! 本店の場所がすぐ近くだったので、「大丈夫ですよ、ありがとうございます」とありがたい申し出をお断りしたのですが(ショップの男性と歩くのが恥ずかしかったのもあります)、本店に行った際もたった石鹸ひとつで大変良くしていただきました。

次の

フレデリック・マル

フレデリック マル

独特の世界観を感じるボックスのデザインなども特徴的。 そんな自由な発想から生まれた香りだからこそ、アーティスティックであり、斬新でもあり、結果的にファッション業界の人々や、香りに対する感度の高い人々の心を掴んでいったのだと思います。 マルはシュヴィーガーの香りを採用するにあたり、彼の作ったプロトタイプを一緒にいくらか調整した。 男性に人気があるのも頷けますね。 これによってシンプルながらも厚みのあるベースになっている。 有名な作品の一つにロシャスの「ロシャス・ファム」があります この香りは発売当時、パリの地下鉄はこの香りで満ち溢れていたとの事です 「ルードニツカ」?そうです!! 『フレデリック マル』は、パルファム・クリスチャン・ディオールの創設者を祖父に持つフレグランス界のプリンス、フレデリック・マルが立ち上げたブランドです。 この枯れ草のノートがいけるかどうかで評価が分かれると思います。

次の

フレデリックマル/リップスティックローズ レビュー【フランスの香水ブランドFREDERIC MALLE】

フレデリック マル

全体的にレザーアコードが強いためメンズ寄りな香りだ。 8つの物語に沿って、18種の香りのパルファムの他、シャワージェルやボディーローションなど全37品をそろえる。 そんな条件で創作されたフローラルアルデヒド クラシックをテーマに独特のタッチで現代のモダンを表した香り ベルガモット、レッドサンダルウッド、南米撫子、木蓮、ジャスミン、スズラン ローズ、アルデヒド、菖蒲、ムスク、竜涎香、バニラ、サンダルウッドなどをブレンド ゴージャスに広がるフローラルを感じてください ラストは少し石鹸ぽい香りが上がってきました(個人差があると思います) 創作者はダビドフのクールウォーターを創ったピエール・ブルドン ウエストに1プッシュ。 どうしようか? なら、正反対のフェミニンなバラに合わせよう!というわけでマン社新開発の分子蒸留されたターキッシュローズと組み合わされることになった。 香りは強め ジョーマローンは足首2プッシュで近づいた人にしか気づかれないくらいなのですが、リップスティックローズは1プッシュで十分香ります!! つけすぎ注意。 豪華なギラギラしたバラではなく、名前の通り一輪のバラを思わせるような静かで落ち着いた真っ赤なバラの香り。

次の

::フレデリック・マル新作

フレデリック マル

(ふれでりっく・まる)自らを「香りの編集者」と位置づけ、調香師たちと密にセッションを重ねながら香りの完成を目指す。 Iso E Superは調香師を虜にする香料と言われている香料で、例えば調香師のゲザ・ショーエンはIso E Superのみで香水を使ってしまったほど。 また、パリの『Frederic Malle(フレデリック マル)』では男性のスタッフが女性スタッフより多く、とっても親切でユーモアもたっぷり。 しかし、香りを試さずにwebで購入する勇気が出ず、二の足を踏んでいました。 今年秋リリース予定の「Dans Tes Bras」 In Your Arms をバーニーズ・ニューヨークにてお披露目。 今年は、旅のお供フレグランスは「FREDERIC MALLE」にしようかと。

次の

【ジョージクルーニーも愛用】「Frederic Malle / フレデリック・マル」のメンズ向きフレグランス特集 | VOKKA [ヴォッカ]

フレデリック マル

柔軟剤的な愛されモテローズではなく、ダークなパチュリに支えられた真っ赤な薔薇の香りだ。 ウッド、アンバー、ベチバーのような香りの要素を持ち多くの香水に使用されている。 マル氏が見込んだ調香師たちが、思うがままにアイデアを表現した香りを作ります。 同時に香るハーバルなゼラニウムがバラの葉や茎といったローズのグリーンな部分だけでなく、まるでワインの「澱」のような印象を加えている。 彼は、マーケティング戦略や時間・原料やコスト等の一切の制限を取り払い、彼自身が信頼した調香師にのみ香水を依頼する。 マル自身が世話になったルール社への恩返しとしての意味や、若手ューマーの育成も視野に入れた選択だったと感じている。 Contents• 女性らしい洗練された香りを創作したのは オリヴィア・ジャコベッティ ウエストに2プッシュ。

次の

フレデリックマル/リップスティックローズ レビュー【フランスの香水ブランドFREDERIC MALLE】

フレデリック マル

制作は難航を極め、半年もの間作業が滞っていた。 自分の嗅覚と心で香りをきき分け、運命の香りと出合う。 。 蓋はカチっとはめるタイプじゃなくて、 マグネットなんですよ! でもちょっと弱いから荷物が多くてかばんごちゃごちゃな人はあいてしまうかも…。 甘くてマダム感が出すぎない香りを選んでもらう そしてめちゃくちゃ試させてもらっちゃいました…。 サンプル・テスター• 鼻から放すと、また少しローズのような香りがしなくもない。

次の