Bl アーカイブ 尿道。 ★BL♂鬼畜18禁RANK★

BL小説マニアック館

bl アーカイブ 尿道

朝だろうと夜だろうと目の前の扉が開けば俺の仕事は始まる。 「入るよ…?」 腰を持ち上げて、先端を穴にあてがう。 風呂くらいゆっくり入りたい」 「智樹さんちの風呂、俺んちの倍くらいありますよ。 「っ……、ぃ」 「ん?」 「こわっ…怖い……っ」 怖い…。 「ちょっとまっててくださいね」 ちゅ、と首筋にキスしてから、俺はあるものを取りに脱衣所に引き返した。 じゃああれからあがった?」 「今72Lvくらいっすかね」 他愛のない話をしながら、ピコピコボタンを連打しながら狩りを続ける。 ほんっと、エロい体…。

次の

BL小説マニアック館

bl アーカイブ 尿道

おわり. 「……、………る」 抱き寄せて耳を口元に近づけると、今度ははっきりと聞こえた。 「ふう」 やっと終わったみたいだ。 ただし、『人に迷惑をかけなければ』だ!」 迷惑…のところだけやけに強調して言う。 388• なんでトレーニングもしてない奴らより俺はこんなに弱いんだ!」 俺はそんな遣る瀬無い思いで上官の部屋に向かう。 「くっ…、っ…」 いつもと締まりが違う…。

次の

★BL♂鬼畜18禁RANK★

bl アーカイブ 尿道

376• 暴走しそうな欲望を必死に押さえつけて、指先に力が入らないようにしながら動かす。 マニアックプレイ多数。 」 男「謝らなくてもいいんだよ。 397• 俺ははあはあしながら一緒にいこ、と囁いて、綿棒を一気に引き抜く。 と、そこまで考えてピンときた。 「!待てっ!取るなっ…!」 と、思ったら手首を捕まれて止められた。 丁度替えが必要だったんだ」 「替え? 女の子の替えですか? 」 男「お!察しが良くて助かるね」 「僕は男ですよ!」 男「そんなことはわかっているよ。

次の

尿道通販部下×真面目上司【はじまりはナカから】みちのくアタミ / 感想ネタバレレビュー

bl アーカイブ 尿道

186• 186• 330• 852• 180• 180• 254• 186• 唯一、大人たちから入ってはいけないと言われている柵に覆われた廃墟の様な場所だけは 僕らも言いつけを守り近づかなかったのですが 、時々その中から聞こえる動物の鳴き声と 子供の声が 気になっていました。 「っ…」 「だめ…?」 もう勃起しすぎて痛いくらいだ…。 「あっあっはあっ、あひぃっ…!」 「はあっ、も、だめ…いきそ…っ」 早く、早く一番奥で出したい…。 基本下品です。 出ませんよ」 智樹さんが大人しくしてくれれば。

次の

BLアーカイブ

bl アーカイブ 尿道

ただこのまま半年を持たず軍から追い出されてしまっては、親父とお袋に顔向けできない。 186• 180• 「んああぁぁああやぁだぁ」 どれくらいそうしていたか、犬がずるりとちんちんを抜くと 僕のアナルからはどろりと精液が出て来た。 「はぁ、はぁ。 俺も強くて優しい親父みたいな立派な軍人になりたかったよ。 僕は初めて見る女の子の体と、全く想像していなかったセックスとで ちんちんが勃ってしまったので ゆっくりズボンを下ろしてその光景を見ながら オナニーをしてしまいました。 「ひっんっ…!」 痛くはないみたいだ。 403• 168• 「熱…い……」 「ごめんなさい、辛かったですよね」 智樹さんの息が落ち着くまで待ってから、「立てそう?」と聞くとこくっと頷いた。

次の

尿道から前立腺を刺激してドライオーガズムへ到達する為の手順解説

bl アーカイブ 尿道

「んあああっやあぁぁ」 犬は相当慣れているのか、僕が大きな声を出していても 全くひるむことなく腰を打ち付けて来る。 185• 」 息切れしている僕に男がニヤニヤして近寄って来る。 俺が一番頑張ってるのに.. でしょうか!」 上「君の返答次第ではそうなる。 「ずっと我慢してたの?かわいい…」 「ひぎっ…!」 膀胱のあたりを押して意地悪してやる。 「綺麗になったよ」 「あ…ん……ふあぁ……」 すっきりした?って聞いてみたけど、答えは返ってこなかった。 「やぁぁああ」 男2「んじゃあ、こっちは口でお願いね」 男2が口に突っ込んでくると、まだ風呂に入っていないソレからはツンとした匂いがして涙が出る。 433• けど、これ終わって飯食ってからな」 「ほんとですか!?」 ピコピコしながら投げやりに言われて悲しかったけど、入ってしまえばこっちのもんだ。

次の

トモとトモの話【4】部下✕上司 ~お風呂&尿道編~

bl アーカイブ 尿道

「うああぁっ…!あぅっ…」 「は、っ、すげー出てる…っ」 「あ…ぁ……ふ……」 二人で一緒にイクと、智樹さんはぐったりと俺にもたれ掛かってきた。 男「いやぁ良かったよ!これは結構売れそう。 185• 閉め切れなかった蛇口みたいに、それは長く続いた。 いや、俺がおしっこしてるのを見ながらイっちゃったんだっけ… 最後まで出し切ると、とす、と俺にもたれかかってきた。 180• 馴染むのを待たず、尻を鷲掴みにして乱暴に揺さぶった。

次の